A Japanese font is necessary to display this Blog.
-------- (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-13 (Sun) | Edit |
「東北地方太平洋沖地震」ってのが正式名称なんでしょうか?

ちょうどその時新宿の某ビル内7階にいたもんで、まんまと被災しちゃいましたよ。
いや、私本人には怪我一つ無く、被災したのはビルの方だとは思うんですけどw
非常階段の壁が若干崩れたり、窓がずれて隙間が出来たりしてた程度ですが。



で、私自身の足取りですが。

地震の有った11日は、根性で帰りました。
不通になっていた新宿駅→綾瀬駅間を、夕方から深夜に7~8時間かけて歩き、
翌朝12日に再開した千代田線に乗り、我孫子駅(までしか動いてなかった)まで行き、
そこから某T沼の遊歩道沿いを経由して、自宅まで2時間くらいかけて徒歩の旅路。

いわゆる「帰宅難民」の皆さんと連れ立ってぞろぞろと…
何の祭りかと思うくらいの人の群れは、意外と皆明るい雰囲気で妙な連帯感もあったりして。
北千住辺りまでは人も多くて、「難民」という悲惨なイメージはかけらもなく、楽しげに歓談しながらの旅路。



新宿から靖国通りをずーっと行って曳船とか向島辺りに向かえば良かったのに、
道に迷って旧日光街道を、加平PA(そこから少し行くと埼玉県に入ってしまう)まで行っちゃって、
亀有とか綾瀬辺りまで戻って、駅前で疲労と眠気で行き倒れかけてたwww

まあ、この辺グーグルマップで新宿→我孫子間の位置関係を見ていただければ
何となくわかっていただけるかも。
途中、旧日光街道を通ったりして、旅する昔の人になった気分で半分観光気分で歩いてましたよー。
(そうとでも思わないと、寒くて手は痺れてるし足はだるいし、気分的にやってられん感じだった)

幸いな事に、綾瀬駅前で親切な某居酒屋さん(地震の影響で営業は中止してた)の人に拾ってもらって、
電車が再開するまで暖房の有る所でヌクヌクと一晩休ませてもらったわけですが。
店内には同様の事情で行き倒れかけてた人らがグーグー寝てたし、皆が起きてからは、
四方山話に花が咲いて、何だか面白い一夜でした。



心配して連絡くださった方々、ありがとう。
千葉県の自宅はほとんど被害も無かったです。
宮城や福島の家族も無事でした。

そして、色んな意味でごめんなさい。
私本人は、いたってのんきに脳天気にすごしておりました。
足が若干筋肉痛な以外は、とても元気です。
スポンサーサイト
ジャンル [ 日記 ] : テーマ [ 地震 ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。