A Japanese font is necessary to display this Blog.
-------- (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-28 (Thu) | Edit |
久々にSculpty Paint を引っ張り出して、1prim-5枚の花びらのスカルプトプリムを作ってました。
以前作ったものは1Prim で1枚の花びらだったんで、アクセサリーとして単品付けには良かったんですが
洋服のパーツなどの用途で大量に付けるとプリム数が膨大になりそうなんで、それはちと困るわけで。



10個ほど試作を重ねて、何とか他人に見せられるレベルの代物になりました。
ちなみに、Sculpty Paint の中にあるFlower tool を使っても下のSSのような形状にはなりません。
Stone tool Point Tool の合わせ技でこういう形(下SS参照)に作り上げます。

主にPoint tool の使いこなしが肝です。
クリック&ドラッグで面選択した部分を出したり引っ込めたりねじったりできます。
リンク先のチュートリアルページでは、X軸(赤い線で表示)を基点に左右対称な物を
作る方法が紹介されています。(作例の形状は、デフォルメされたキャラクターのような頭部?)

ソフト上ではそれなりに見えてても、こういう特殊な形状のスカルプトプリムの場合
Sculpt Map が64x64だとInWorld では形が崩れたりするんで、32x128にしてみたり。
試作段階では16x256のものも作ったりしたんですが、形状がカクカクになりすぎるので止めました。
16x256はシャープな形状の物を作るのに向いたマップだなぁ、っていう。

1prim 5Petals Sculpt

10cm x 10cm で奥行き 5cm のものを、アバターの唇の間際に装着しています。
通常のこの大きさのプリムよりもやや小さくなるように作っています。
マップの色の調整で明度を-50とか暗めにしてやると、形状は同じで大きさだけ小さくなるので、
画像編集ソフトとかでちょいちょいっと調整しただけだったりします。

プリム上に貼るテクスチャーがひん曲がり放題だったので頭を抱えていたところ、
実は意外と単純な塗りのテクスチャーの方がうまくのることが判明。
なんつーか、灯台下暗し的な。



そういや、Sculpty Paint はDonationware (任意の金額を寄付して使うソフト)になったそうですね。
サイトトップにも、「L$400からできればそれ以上」って書いてあります。
InWorld でCel Edman さんの名前を検索して支払ってくださいね、とのこと。
チュートリアルをほとんど見なくてもあれこれ作れて超らくちんなこのソフトは、
きっとL$400以上の価値があると思います。
関連記事
スポンサーサイト
ジャンル [ オンラインゲーム ] : テーマ [ セカンドライフ ]
Comment
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。